バーバパパと いろいろなかたち

バーバモジャは アーティスト。でも ひらめきすぎて とほうにくれることも・・・。

バーバモジャは、ファミリーのなかでも1番のアーティスト。でも、ひらめきすぎて、途方にくれてしまいます。ビスケットすら彼を元気づけることはできず、クリエイティブなだけに 苦労もします。何を見ても、それが何であるかではなく、すべて丸、三角、四角と、形に見えてしまうのです。ある日突然、この形を使った抽象画こそが、自分に与えられた道だと勘違いしてしまいます。

ここでは、バーバパパがさまざまなシーンで、幾何学的な形を発見していきます。田舎町で、街中で、はたまたビーチで・・・。そこには色々な形があるのですよ。